カテゴリ
最近の記事
管理人
kappa-s.jpg
名前:nyatto
twitter:http://twitter.com/nyattoh
Facebook:http://www.facebook.com/nyattoh
FBレター:http://fb-letter.com/100002151358967.html
一言:

持ち前の中途半端さが全面に出ています。
あんまり突っ込まれるとぐぅの根も出ませんが、
何かあったらお気軽に書き込んでください。

コメントはスパム対策で一部ですが承認制にしてある記事があります。ご了承下さい。
ツイッター始めました。
Facebookの情報をメールでお届けします

内藤
過去ログ
リンク集
□個人的リンク
VabooLog2011
異邦人の食卓
アラフォー男子のウチのゴハン
アートルーム ヘアビジョン
Look at me.
本と文化の街 スーパー源氏
(古本・書籍検索ポータル)


■相互リンク
・「eguegu-Photo
・「詠う鯨
・「電脳生活で健康維持
・「やくにたたない?PCブログ
・「ジャパネットたかたの通販ガイド

■メーカ
NEC
SHARP
ソニースタイル
TOSHIBA
富士通
Panasonic
日立
エプソンダイレクト
Lenovo
日本hp
Dell
ソーテック
オンキヨー
ASUS Shop

■BTO・パーツ屋
グットウィル
韋駄天PC Online Shopping
エーチャージ
クレバリー
サイコム
TWOTOP
ドスパラ
ハーキュリーズ
パソコン工房
T・ZONE
VSPEC
フェイス
BLESS
フロンティア
マウスコンピューター

■中古
ソフマップ中古販売
ソフマップ・ドットコム 買取りサイト

■ショッピングモール
Amazon
楽天
【Yahoo!ショッピング】おすすめ情報
ライブドアデパート

タグクラウド
TOP  >  読書とか文芸関係  > 

2008年03月18日

S&GのSong for the Askingを和歌(古語)に訳してみる試み

このエントリーをはてなブックマークに追加
//
短い歌ですが、S&G(サイモンとガーファンクル)の中でも優しいメロディで自分の好みからすると上位にはいる歌です(薛道衡の漢詩英訳でも登場しました)。
あ、YouTubeの初期画面がピエロ表示でかなり変ですが、歌はいいです。
そんな歌なのに、また大風呂敷を広げてみました。「和歌」ですから全訳ではなく、だいたいのあらましを長歌にしてみます。
短歌に収めてもいいんですが・・・一応長めで。
www.OldieLyrics.comに英語の歌詞があります。
ここに載せると著作権上まずいかもしれないので外部リンクです。


君が為 まつ老ゆる間の
さびしさに ゆくすへまでを
やすらはで 物思ふ身の
今はただ 呼ばはむ声に
こたふれば 心を詠まん
かなしき人よ

とりあえず・・・待つと松はお約束でひっかけました。
ほとんど解説の余地もなく・・・終了。
短い・・・。しかも非常に疑問も残ります・・・(;゚Д゚)

なんかこの企画微妙でしたね・・・

クチコミblogランキング TREview ブログランキング・にほんブログ村へ
posted at 16:27 | このブログの読者になる -| 更新情報をチェックする | Comment(4) | TrackBack(0) | 読書とか文芸関係
この記事へのコメント
「サイモンおよびガーファンクル」
僕も好きです(^6^v

かなりの偏見なのかもしれませんが
「冬」に聴きたくなるんですよね〜
彼らの曲って。
しかも一人でジックリコトコト聴きたいような。

そろそろ「ビーチボーイズ」かなぁ。
(まだ早いって(^6^;)
Posted by 名古屋の作曲愛好家 at 2008年03月18日 18:18
>作曲愛好家さん
ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
サイモン並びにガーファンクルお好きですか!嬉しいっす!
ジックリコトコト聴いてます。

いくら聴いても秋が来ません。
いやいやいや、飽きが来ません(;´∀`)

彼らの歌詞は時に優しく時にニヒルでかっこいいっす!
Posted by 管理人 at 2008年03月18日 18:54
全然関係ありませんが、We Are The Worldの英語版DVDを借りて、今更ながら「いいなぁ〜」とはまっております^^v

昔の曲ってシンプルでいい感じです。

40代のオッサンコメントですね(^^;
Posted by eguegu at 2008年03月18日 23:48
>egueguさん
バッティングセンタお疲れ様ですヽ(゚∀゚)ノ
We Are The Worldってポールも一応含まれているんですね。
自分も今時のものについていってないので、80年代の歌でさえ「新しい」と感じてしまいます(;´∀`)
音楽が市場になって一般市民が手軽に楽しむようになって、コード進行とかメロディが開拓され尽くしているようで、著作権の関係で今までのメロディに似たものが作れないとなると、やっぱり初期の頃の方が素直で聴きやすいメロディが多いように思います・・・
これから音楽で食べようという人は大変だろうなぁと思ったりします。
やっぱりカバーアルバムとかが増えてくるのも頷けるなぁと思っています。
Posted by 管理人 at 2008年03月19日 07:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90031027

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。