カテゴリ
最近の記事
管理人
kappa-s.jpg
名前:nyatto
twitter:http://twitter.com/nyattoh
Facebook:http://www.facebook.com/nyattoh
FBレター:http://fb-letter.com/100002151358967.html
一言:

持ち前の中途半端さが全面に出ています。
あんまり突っ込まれるとぐぅの根も出ませんが、
何かあったらお気軽に書き込んでください。

コメントはスパム対策で一部ですが承認制にしてある記事があります。ご了承下さい。
ツイッター始めました。
Facebookの情報をメールでお届けします

内藤
過去ログ
リンク集
□個人的リンク
VabooLog2011
異邦人の食卓
アラフォー男子のウチのゴハン
アートルーム ヘアビジョン
Look at me.
本と文化の街 スーパー源氏
(古本・書籍検索ポータル)


■相互リンク
・「eguegu-Photo
・「詠う鯨
・「電脳生活で健康維持
・「やくにたたない?PCブログ
・「ジャパネットたかたの通販ガイド

■メーカ
NEC
SHARP
ソニースタイル
TOSHIBA
富士通
Panasonic
日立
エプソンダイレクト
Lenovo
日本hp
Dell
ソーテック
オンキヨー
ASUS Shop

■BTO・パーツ屋
グットウィル
韋駄天PC Online Shopping
エーチャージ
クレバリー
サイコム
TWOTOP
ドスパラ
ハーキュリーズ
パソコン工房
T・ZONE
VSPEC
フェイス
BLESS
フロンティア
マウスコンピューター

■中古
ソフマップ中古販売
ソフマップ・ドットコム 買取りサイト

■ショッピングモール
Amazon
楽天
【Yahoo!ショッピング】おすすめ情報
ライブドアデパート

タグクラウド
TOP  >  読書とか文芸関係  > 

2008年02月16日

山本幸久「笑う招き猫」の感想

このエントリーをはてなブックマークに追加
//
う〜ん。自分じゃ絶対買わないジャンル。借り物なので一応読了。
青春小説って最近流行なのかなぁ・・・?

女性漫才師のでこぼこコンビが主人公。
可もなく不可もなく、そこそこ面白く、そこそこお涙頂戴(?)なストーリーで、「さわやか」という表現をされるんだろうなぁ、きっと。

確かに登場人物はよく書けてます。生き生きしていて、実際に人生を背負ってる厚みがある。
その点はとてもいい。
特に頼子さんという齢(よわい)八十有余年のしゃきしゃきばあさんはかっこいいし。
相方のアカコも日本舞踊をたしなんだり物まね上手だったりやたら自信たっぷりな割に小さい頃の出来事を引きずってて弱かったり。

人物描写やテンポはいい。

ただ、ストーリーがう〜ん、薄いというか物足りないというか・・・まぁその、いわゆるあれです、万人受けする当たり障りのないストーリー。

読み終わって何が印象に残ったかって聞かれたら、「あれ、どんな話だったっけ?」と思ってしまう。
ほとんどディテールを思い出せないというか・・・
起承転結の「転」があまり感じられないし、青春小説にありがちな喧嘩とか挫折もかなりあっさり解決してしまうので、くどくなくていいですが一番の盛り上がりがどこだったのか今ひとつ印象に残らない。
敢えて言ってしまうと、あっさりしたキュウリの漬け物・・・(いや、漬け物は好きなんですけど、ご飯もなく漬け物だけって感じで)。

唯一鮮明に思い出せるのは3歳の女の子が周りに気を使い、そしてそれを囲む大人達それぞれの思いを描いているエピソード。
でも特にハラハラドキドキするわけでもないので、そういう意味では寝る前に布団の中で少し読むとか通勤電車で読むとか、途中で中断しても全然心残りがないし、軽く読んで「あ〜そこそこいい話だったじゃないか」と思えればいいって場面では役に立ちそうな本。

と、あんまり面白くなさそうに書いてますが、人は見た目や年齢等々によらず色々背負ってるものがあるんだぞ、というバックボーンはよかったし、一番練った部分なんだろうなぁと思います。
そういう家族模様や人間模様を読むのがこういう小説の醍醐味なんでしょうけど・・・

でも新品買うのはどうかなぁ、自分は買わないだろうなぁ・・・
と、借りた分際で言ってしまうあたりが非常に(・A・)イクナイ!!

いや、確かにいいエピソードはありました。
複雑な家族構成とか、微妙な人間関係とか、共感するところはあるし。
でも・・・電車の中で読むにはいいよね、とか、当たり障り無く逃げちゃおう・・・ひぇぇ。ゴメン。

いづれ、「本を貸す馬鹿、借りる馬鹿」であることに変わりなく・・・(いや、ちゃんと返すんですけど)

山本幸久「笑う招き猫
男と並んで愛誓うより、女と並んで笑いを取る、それが二人のしあわせなのだ!駆け出しの漫才コンビ、『アカコとヒトミ』。超貧乏で彼氏なし、初ライブは全く受けずに大失敗。おまけにセクハラ野郎の先輩芸人を殴り倒して大目玉。今はぜんぜんさえないけれど、いつかはきっと大舞台。体に浴びます大爆笑―。夢と笑いとパワーあふれる傑作青春小説。第16回小説すばる新人賞受賞作。
タグ: 読む
posted at 20:27 | このブログの読者になる -| 更新情報をチェックする | Comment(6) | TrackBack(1) | 読書とか文芸関係
この記事へのコメント
nyattoさんいい度胸してます。
ここまでこき下ろしては、
世界のどこかにいるかもしれない山本幸久ファンが黙っていないでしょう。
ところで内容を読んでいたら、
新垣結衣のポッキーのCMを連想しましたがどっちがパクったのでしょう・・・・・・
Posted by さとり at 2008年02月17日 17:24
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
かなり気を使って書いてみたんですが、やっぱり夜一人で出歩けなくなったかも・・・(;゚Д゚)
そのポッキーのCM・・・全然わからないっす。
ネットでチェックしたらそうですね、ちょっと似てるかもですね。
でも、なんでこの辺ではこのCM流れてないんだろう・・・(それとも気づいてないだけ?)
Posted by 管理人 at 2008年02月17日 19:01
言い難いですが・・・
多分、ローカルのせいかと・・・・
ポッキー売っていますか・・・・
まさか・・・無いのでは・・・・・

大丈夫!!
僕が代弁します。
「いろんな面で甘さがある駄作でした。
お金を出して読むと間違いなく後悔します。
そんなヒマとお金があるなら、
気になる新書でも買って読んでいる方が為になります。」
(感じたまま書いてみました。)
Posted by さとり at 2008年02月18日 03:51
うわーーーーー。
代弁されちゃいました。
いや、ついでに書き添えておくと、古本屋で100円以内なら買っても良いんじゃないかと・・・はっ!
やばいやばいやばい((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
Posted by ガクプル管理人 at 2008年02月18日 08:55
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
Posted by 藍色 at 2009年11月11日 14:53
>藍色さん
こんばんは。初めまして、nyattoです。
トラックバック有り難うございました。
特に制限してないので、そのままトラックバックされていますよ〜。
あれ?もしかして自分が藍色さんのところにトラックバックってことでしょうか??
スミマセン、鈍感でよくわからないもので・・・(;´Д`)
一応トラバを送ってみました。
ありがとうございましたm(_ _)m
Posted by 管理人 at 2009年11月12日 21:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

笑う招き猫 山本幸久
Excerpt: 駆け出しの女漫才コンビがやりたい放題。しゃべって泣いて笑って、 ついには唄まで歌いだす。第16回小説すばる新人賞受賞作。 テンポよ...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2009-11-11 14:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。