カテゴリ
最近の記事
管理人
kappa-s.jpg
名前:nyatto
twitter:http://twitter.com/nyattoh
Facebook:http://www.facebook.com/nyattoh
FBレター:http://fb-letter.com/100002151358967.html
一言:

持ち前の中途半端さが全面に出ています。
あんまり突っ込まれるとぐぅの根も出ませんが、
何かあったらお気軽に書き込んでください。

コメントはスパム対策で一部ですが承認制にしてある記事があります。ご了承下さい。
ツイッター始めました。
Facebookの情報をメールでお届けします

内藤
過去ログ
リンク集
□個人的リンク
VabooLog2011
異邦人の食卓
アラフォー男子のウチのゴハン
アートルーム ヘアビジョン
Look at me.
本と文化の街 スーパー源氏
(古本・書籍検索ポータル)


■相互リンク
・「eguegu-Photo
・「詠う鯨
・「電脳生活で健康維持
・「やくにたたない?PCブログ
・「ジャパネットたかたの通販ガイド

■メーカ
NEC
SHARP
ソニースタイル
TOSHIBA
富士通
Panasonic
日立
エプソンダイレクト
Lenovo
日本hp
Dell
ソーテック
オンキヨー
ASUS Shop

■BTO・パーツ屋
グットウィル
韋駄天PC Online Shopping
エーチャージ
クレバリー
サイコム
TWOTOP
ドスパラ
ハーキュリーズ
パソコン工房
T・ZONE
VSPEC
フェイス
BLESS
フロンティア
マウスコンピューター

■中古
ソフマップ中古販売
ソフマップ・ドットコム 買取りサイト

■ショッピングモール
Amazon
楽天
【Yahoo!ショッピング】おすすめ情報
ライブドアデパート

タグクラウド
TOP  >  読書とか文芸関係  > 

2008年02月02日

本日の漢詩:王安石「梅花」

このエントリーをはてなブックマークに追加
//
梅「花と言えば桜」になったのは武士の世になってからの話です。
散り際の潔さが受け入れられたのでしょうが、最大の弱点は「香りがない」ことです。
かつて公家の世の中だった頃、「花と言えば梅」でした。
’東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 主無しとて春を忘るな(春な忘れそ)’はあまりに有名。
ですが、春風が吹く前の寒さの中で咲く梅を詠った前回の陸游に続いて、少し趣の違う王安石の詩を取り上げてみました。


以下縦書きです。

為 遙 凌 牆
有 知 寒 角
暗 不 独 数
香 是 自 枝
来 雪 開 梅

・牆角数枝梅
→牆角(しょうかく) 数枝の梅(の木):読み下し
→庭の垣根の隅にある数本の梅:現代語訳
→There are some plum trees in the corner of the yard.
というのは訓では「かき」と読みます。
「垣根」の「垣」と同義で、周りを囲う塀のようなものを指します。
「角」は「すみ」とも訓読みしますが普通は「かど」、これは英語のcornerと同じなんだなぁと思って感心しました。
違う国の言葉なのに共通項があるというのは当たり前ですが感慨深いです。

数枝ですが、日本語では「えだ」と読んでしまいそうですが違います。
かなり遠い記憶をほじくりかえすと、中国語の数詞を少し覚えています。
この「枝」は日本で言うと「本」に当たる、数を数えるときの言葉です。
例えば、「1冊の本」は中国語では「一本書」となります。
「冊」が「本」、「本(書籍)」は「書」です。紛らわしいです。

日本語でも「箪笥は1棹」「烏賊は1杯」だったりと色々ありますが、中国語ではこの比ではありません。
すごい量の数詞があります。覚えきれませんでし<た(;・∀・)

というわけで、この「数枝の梅」は「数本の梅」です。
細くて長いものを数えるときの数詞です。梅の木を指しています。

では英語ではどうなんでしょう。
someを使ってしまいましたが、あまり数詞っぽいものを見かけないように思うのは英語に詳しくないからでしょうか。

唯一ハリポタでよく出てきたなぁと思うのが、
a copy of 'History of Magic'のような用法。

日本では通常「’魔法の歴史’1冊」で終わりです。
これがa copy ofなんです。
確かに印刷物ですけど、あまりそういう使い方はしません。
英語でもこういう言い方があるというのが新鮮でした。

なお、庭を意味するyardとgardenの違いは・・・
yard: an area outside a building, usually with a hard surface and a surrounding wall

garden: a piece of land next to or around your house where you can grow flowers, fruit, vegetables, etx., usually with an area of grass(called a Lawn)

というわけで、一応塀に囲まれていることと、転句で「遙かに知る」が出てくるのでyardを使用しました。

・凌寒独自開
→寒を凌いで 独り自ら(※)開く:読み下し
→寒さに耐えて(他の花が咲かない時期に)独り咲く:現代語訳
→Only the trees come into bloom in the cold air. (though many other trees haven't been in bud yet.)

(※)ですが、これをいつもの「漢詩一日一首」では「みずから」と読ませています。

陸游の時にも書こうと思っていたのですが割愛したので、今回書いてみました。

「みずから」と読ませるか「おのずから」と読ませるか微妙なところですが、
前者は「自力で」のように主体の積極的な動作が含まれる時に使うため、一人称に使われることもあります。

一方後者は「自然に」「ひとりでに」といった用法で、「自分の意思とは関係なく」「自然の道理に従って」「let it be」みたいな時に使います。「他からの力を加えることなく、それ自身の力で」
つまり、意思を持つもの(人間を含む動物)の他に植物や物などにも使用できます。

ですので、通常は「おのずから」の方が適当な気がするんですが、梅を「擬人化」して「みずから」、「寒いのに頑張って花を咲かせる」と捉えているということだと思います。

このあたりはもう好みです。どっちでも好きな方で読んでいいとおもいます。

英語ではonly使ってみましたが、括弧書き説明文が無いと微妙な気もする・・・

come into bloomは遠い昔の記憶が甦りました。
ちなみに、in budは「芽吹く」。
The leafless plum tree is in bud.などと使います。

転句と結句は同時に。
・遙知不是雪
・為有暗香来
→遙かに知る 是(これ)雪ならずと
 暗香来(きた)る有(あ)るが為なり
→遠く離れて(見ていて)これが雪でないとわかるのは
 ほのかな香りが漂ってくるからである
→I can tell the blossom from snow.
 The faint scent is in the air.

かなりいい加減な英訳ですが許してください。
区別する、というのはtell A from Bですが、これでいいのかもわかりません。
微妙です。
make outとかでもいいんでしょうか。recognizeってのもなんだし。
scentは香りですが、fragranceでも可だと思います。
オックスフォード現代英英辞典で調べてみると、

scent: the pleasant smell that something has
→The air was fillled with the scent of wild flowers.

fragrance: a pleasant smell
→The bath oil comes in various fragrances.

だそうです。
ちなみに、smellはpleasantじゃない、所謂「an pleasant smell」にも使える語ですが、いいにおいに使うときも花よりは実の方に使うようです。

いい加減な記事でスミマセン。
「漢詩一日一首」では「理屈っぽい」と評される多少お堅い感じの漢詩ですが、自分は嫌いじゃありません。
雪の中に咲く梅と香り(匂ひ)が情景として美しいと思います。
自分は王安石が好きなこともあって多少贔屓目かもしれませんけど・・・

漢詩一日一首 (春) 平凡社ライブラリー 619
一海 知義(著)
いつもの本です。
2007年12月に「冬」が出版されて四季が全て出そろいました。
年賀状の文句や時候の挨拶を考えるときにうってつけです。
詩人も年代や国(中国と日本)がまたがっていて偏りがあまりないので、知らない詩人を開拓するのにもいいです。気に入ってます。この本とは15年以上のつきあいです。


オックスフォード現代英英辞典
前から欲しかった英英辞典。手に入れたらやっぱりイイ。
ホーンビー(人名)を最初に「ボンビー」と読んでしまう英語素人にもうってつけ。
基本語彙3500語程度で使用できる高校生・大学生・社会人用の英英辞典。
ちなみに、sthという語はsomethingの略だそうです。
読めませんでした。
 
posted at 15:53 | このブログの読者になる -| 更新情報をチェックする | Comment(2) | TrackBack(0) | 読書とか文芸関係
この記事へのコメント
moncler ジャケット モンクレール ジャケット http://www.forshoppingautomobilejp.biz/
Posted by モンクレール ジャケット at 2013年08月09日 10:57
服 人気 [url=http://www.forshoppingaviationjp.biz/]moncler ベスト[/url] <a href="http://www.forshoppingaviationjp.biz/" title="moncler ベスト">moncler ベスト</a>
Posted by moncler ベスト at 2013年08月09日 10:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82061739

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。