カテゴリ
最近の記事
管理人
kappa-s.jpg
名前:nyatto
twitter:http://twitter.com/nyattoh
Facebook:http://www.facebook.com/nyattoh
FBレター:http://fb-letter.com/100002151358967.html
一言:

持ち前の中途半端さが全面に出ています。
あんまり突っ込まれるとぐぅの根も出ませんが、
何かあったらお気軽に書き込んでください。

コメントはスパム対策で一部ですが承認制にしてある記事があります。ご了承下さい。
ツイッター始めました。
Facebookの情報をメールでお届けします

内藤
過去ログ
リンク集
□個人的リンク
VabooLog2011
異邦人の食卓
アラフォー男子のウチのゴハン
アートルーム ヘアビジョン
Look at me.
本と文化の街 スーパー源氏
(古本・書籍検索ポータル)


■相互リンク
・「eguegu-Photo
・「詠う鯨
・「電脳生活で健康維持
・「やくにたたない?PCブログ
・「ジャパネットたかたの通販ガイド

■メーカ
NEC
SHARP
ソニースタイル
TOSHIBA
富士通
Panasonic
日立
エプソンダイレクト
Lenovo
日本hp
Dell
ソーテック
オンキヨー
ASUS Shop

■BTO・パーツ屋
グットウィル
韋駄天PC Online Shopping
エーチャージ
クレバリー
サイコム
TWOTOP
ドスパラ
ハーキュリーズ
パソコン工房
T・ZONE
VSPEC
フェイス
BLESS
フロンティア
マウスコンピューター

■中古
ソフマップ中古販売
ソフマップ・ドットコム 買取りサイト

■ショッピングモール
Amazon
楽天
【Yahoo!ショッピング】おすすめ情報
ライブドアデパート

タグクラウド

2008年01月10日

SSD対決:USB vs SATA vs IDE:1GB当たりの単価とか使い勝手

このエントリーをはてなブックマークに追加
//
近頃、ノートPCでも軽量化のために大容量SSD(solid state disk:メモリ)が普及しつつあります。
HDDのようにヘッドが物理的に動いてデータの場所を探すことがないため、シーク時間も少なくて済んだり、静かだったり、耐久性があったり、省電力だったりするわけですが、何しろ昔は単価が高かった・・・

HDDまでとはいきませんが、今は手が届く値段で一昔前の大容量HDD並の(10年くらい前なら大容量だった)容量があります。

形状も多様化しているので、何がいいかなぁ〜と思って調べてみました。

※モノによって価格はピンキリなので、参考程度に見てください。
※bはbit、Bはbyteです。

1.USBメモリ(最大480Mb/s=60MB/s)
言わずと知れたUSBフラッシュメモリ。小さいし軽いし手軽さでは一番だろうと思います。
ただし、転送速度は一番遅い。

BUFFALOSHD-U32GS
USB2.0 32GB (TurboUSB機能搭載)
32GB
27,480円(税込):1GBあたり858.75円

ちなみに16GBは\16,480でした。
4GB以上のファイルも扱えます。
TurboUSBはBUFFALOが開発したUSBの転送速度を上げる技術です。
最大で20%程度、転送速度があがるらしいです。

プログラムのプロジェクト全部をUSBメモリで持ち歩けるのは魅力。
特に.netのプロジェクトはでかくなるので、いいなぁと思います。
Intellisense Databaseファイルを削除しちゃえばいい話ですけど
flashなど画像関係の仕事をしている人には特にいいのでは。
2.SATA(速度150MB/s)
自作する人には最近特に見かけるでしょう、あの小さいコネクタでマスタ・スレーブの設定も要らないSATAです。
SATA-IDE変換コネクタの記事などで写真があります)

ポータブル用のケースを買っても良いんでしょうけども、せっかく転送速度が速いので、USBに変換するのは勿体ない気も。
多分デスクトップに組み込んで使うためのものでしょう。
でも2.5インチだと通常のベイには固定できないのでは・・・

Transcend TS32GSSD25S-M
SATA 32GB(2.5インチ)
57,769円:1GBあたり1805.25円。

16GBは1万円くらい安いです。8GBとかもあります。
それにしても、単価とするとかなり高いですねぇ。
HDDだと安いモノで1GBあたり2桁の値段なので、その100倍まではいかないまでも、桁数が2桁も違います。

ただ、突発的に壊れるHDDのリスクを回避できるなら、重要データ用として使うのはアリだと思います。

3.IDE(Ultra ATA/66=60MB/s)
今ではマザーボードでも1スロットしかないものが多くて、ややレガシデバイスになりつつあるのかもしれませんが、まだまだ現役バリバリのIDE。
マスタ・スレーブの設定できるのかですけども、メーカのページではPCへの組み込みを前提にしているようなので、多分可能なんだろうと思います・・・が、自信はありません。

Transcend TS32GSSD25-M
UltraATA/66 32GB
\54,769:1GBあたり1711.53円

ふむー。ちょっと魅力としては薄い。
転送速度もSATAほどじゃないし、かといって価格はSATAとそれほど変わりないし・・・
マザボのIDEスロットが空いてたらそこに入れる、くらいしか思いつきませんけども、少しでも安い方がイイという状態だったら買うかも。
ポータブルとして使うことを前提にするなら、ケース側のコネクタがIDE対応のもの(普及している)を使える、というのが利点

■まとめ
価格や手軽さでUSBに軍配が上がりそうですが、それでも転送速度や耐久度でSATAも捨てがたい
でもまだまだ大容量モデルは高いという印象です。

今もってるUSBメモリ型mp3プレイヤは1GBですが、それでも十分便利なので、やっぱし特殊な用途じゃないと大容量のメモリは必要ないかなぁ・・・

今はポータブル用のケース種類が充実してきたので、2.5インチタイプの方は、1.8inchのHDD(過去記事)のような使い方も便利です。

2.5インチのSSDを見てたら面白そうなHDDケースも見つけたのでまた書きます。

クチコミblogランキング TREview にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/77660534

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。