カテゴリ
最近の記事
管理人
kappa-s.jpg
名前:nyatto
twitter:http://twitter.com/nyattoh
Facebook:http://www.facebook.com/nyattoh
FBレター:http://fb-letter.com/100002151358967.html
一言:

持ち前の中途半端さが全面に出ています。
あんまり突っ込まれるとぐぅの根も出ませんが、
何かあったらお気軽に書き込んでください。

コメントはスパム対策で一部ですが承認制にしてある記事があります。ご了承下さい。
ツイッター始めました。
Facebookの情報をメールでお届けします

内藤
過去ログ
リンク集
□個人的リンク
VabooLog2011
異邦人の食卓
アラフォー男子のウチのゴハン
アートルーム ヘアビジョン
Look at me.
本と文化の街 スーパー源氏
(古本・書籍検索ポータル)


■相互リンク
・「eguegu-Photo
・「詠う鯨
・「電脳生活で健康維持
・「やくにたたない?PCブログ
・「ジャパネットたかたの通販ガイド

■メーカ
NEC
SHARP
ソニースタイル
TOSHIBA
富士通
Panasonic
日立
エプソンダイレクト
Lenovo
日本hp
Dell
ソーテック
オンキヨー
ASUS Shop

■BTO・パーツ屋
グットウィル
韋駄天PC Online Shopping
エーチャージ
クレバリー
サイコム
TWOTOP
ドスパラ
ハーキュリーズ
パソコン工房
T・ZONE
VSPEC
フェイス
BLESS
フロンティア
マウスコンピューター

■中古
ソフマップ中古販売
ソフマップ・ドットコム 買取りサイト

■ショッピングモール
Amazon
楽天
【Yahoo!ショッピング】おすすめ情報
ライブドアデパート

タグクラウド

2007年12月21日

自作PC組み立て方1:初めてのマイクロATXマザー:GIGABYTE GA-MA69GM-S2H

このエントリーをはてなブックマークに追加
//
CPUファン写真付きでCPUとマザボの取り替えを解説してみました。
年末の大掃除も兼ねて、たまにはPCの中も掃除するべし。熱やホコリの暴走はひどいっすから。
左の写真みたいに、CPUファンなんてもうひどい綿埃・・・。
月に1度くらいは開けて掃除してるんですけど・・・

昨日書いた記事の安いパーツを使います。
もう10年も自作と失敗を繰り返していますが、マイクロATX規格のマザーは初めてですので、自分としてもちょっとワクワクでした

使ったのはドスパラで限定15枚8,560円)。
小さくてやたら安いくせに何でも載ってます。
メモリスロットが4つ、PCI Expressはx16とx4が各1つ、デジタルVGA端子(D-Sub/DVI-D/HDMI)にサウンド 8ch、ギガビットLANが載っているので手軽で簡単お買い得・・・の、はずだった・・・

最初に断っておきますと、別にこの製品自体が悪い訳じゃありません。
自分が持ってるOSはFDDのOEMとして手に入れたものなので、HDDに入ってるOSはそのまま使う予定でした。
というわけで時間がかからないようにこれを選んだのですが、特にマザーを替えるときは注意が必要でHDDに入っているOSはそれまでのハードウェア(のドライバ)を認識しているのであって、とりわけチップセットが変わるようなことがあると起動するかどうかは博打的なものがあります

ですので、あらかじめ一応バックアップ等々取っておいた方が無難です。

さて本題です。これを見て同じようにして何かあっても責任は持ちませんのでよろしくお願いします。

自作組み立てまずは電源を抜いて、電源そのものの電源を切ってからケースを開けましょう。
うちのはこんな感じです。左の写真はクリックで拡大します。

そしたら今度はHDDや光学ディスク等々につながっている電源ケーブル・各種ケーブルをはずします。
kumitate02.JPG右の写真はコンデンサ付近。ここもホコリが溜まりやすいので掃除機で吸っておくといいです。後で使う場合にも重宝です。


kumitate03.JPG次に新しいマザーを取り出すんですが、静電気は大敵なので下に敷くのは段ボールなりゴムなり木のような絶縁体がいいのですが、うちでは左のようなものを作って、普段もPCを載せています。
これを下敷きにするととても作業がしやすいです。
材料は
・組み立て式の本棚とかカラーボックスについてくる仕切り板の余り
・ホームセンタで売ってるキャスター
簡単なので誰でも作れると思います。

GA-MA69GM-S2HこれがGA-MA69GM-S2Hです。上の自作キャスターに載せています。
ATXと比べると随分小さいです。
ミドルタワーの場合はこのくらいの大きさの方がいいです。
次回書きますが、取り付け用のビス位置などもATX規格のケースで大丈夫。


個人的なチェックポイント
Athlon64X2 4200+Athlon 64 X2 4200+(例によってドスパラで8,980円。安っ。)です。
一度痛い目に遭っていますが、このCPUのピンがきちんと挿さっていない状態で組み立てて稼働させて部屋中焦げ臭くしたことがあります。
一見きちんと挿さっているように見えても、端が見えないくらいほんの少しだけ浮いていることがあるので、四隅を指で押さえた状態でバーを降ろして固定し、4側面それぞれからから確認しています。
いくら安いと言っても9千円近いものですから、パーにしたら大変です。


kumitate08.JPGこれが昨日書いた2,980円のメモリ(トランセンド製。web通販だとサムスンが安い)。
まだ自作駆け出しだった頃、これがきちんと挿さっていなくて「起動しない!」と焦ったことがありました。
思ったより力がいるというか、精密機器だからという遠慮があるときちんと挿さりませんので、一方の端をピチッと音がするまで挿したら(メモリスロットの端にある白いフックのようなものが下ります)、もう片方を同じように音がするまで押し込みます。


kumitate07.JPGこんな風に水平に挿さっていることを確認。
メモリの接触金属部の出具合を見るとわかりやすいです。


次はCPUクーラを取り付けます。
kumitate09.JPGkumitate10.JPGこれがクーラの表と裏です。リテールクーラの裏には最初からグリスがついています。
今回はこのまま使用しますが、もし心配な人はグリスアップしてもいいかも。グリスはプラスチックのスプーンが便利です(過去記事で詳しく載せました)。


一応買った物のなかにはシルバーグリスもありますが、ケチって温存。

kumitate11.JPGkumitate12.JPGフックが付いていない方の爪を先にボードに引っかけます(当たり前でスミマセン)。
そしたらフックがある方の爪も引っかけます。


kumitate13.JPGkumitate14.JPGフックを反対方向へ倒して締め上げて取り付け完了です。
FANの電源をつなぐのも忘れずに。


というわけで、ちょっと画像が多くて長くなってしまいましたので一度記事終わります。
本題はまだまだこれから・・・です。

クチコミblogランキング TREview にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73951112

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。