カテゴリ
最近の記事
管理人
kappa-s.jpg
名前:nyatto
twitter:http://twitter.com/nyattoh
Facebook:http://www.facebook.com/nyattoh
FBレター:http://fb-letter.com/100002151358967.html
一言:

持ち前の中途半端さが全面に出ています。
あんまり突っ込まれるとぐぅの根も出ませんが、
何かあったらお気軽に書き込んでください。

コメントはスパム対策で一部ですが承認制にしてある記事があります。ご了承下さい。
ツイッター始めました。
Facebookの情報をメールでお届けします

内藤
過去ログ
リンク集
□個人的リンク
VabooLog2011
異邦人の食卓
アラフォー男子のウチのゴハン
アートルーム ヘアビジョン
Look at me.
本と文化の街 スーパー源氏
(古本・書籍検索ポータル)


■相互リンク
・「eguegu-Photo
・「詠う鯨
・「電脳生活で健康維持
・「やくにたたない?PCブログ
・「ジャパネットたかたの通販ガイド

■メーカ
NEC
SHARP
ソニースタイル
TOSHIBA
富士通
Panasonic
日立
エプソンダイレクト
Lenovo
日本hp
Dell
ソーテック
オンキヨー
ASUS Shop

■BTO・パーツ屋
グットウィル
韋駄天PC Online Shopping
エーチャージ
クレバリー
サイコム
TWOTOP
ドスパラ
ハーキュリーズ
パソコン工房
T・ZONE
VSPEC
フェイス
BLESS
フロンティア
マウスコンピューター

■中古
ソフマップ中古販売
ソフマップ・ドットコム 買取りサイト

■ショッピングモール
Amazon
楽天
【Yahoo!ショッピング】おすすめ情報
ライブドアデパート

タグクラウド

2007年11月29日

エレコム「PRUMIEワイヤレスマウス」買った

このエントリーをはてなブックマークに追加
//
PRUMIEワイヤレスマウス「M-P3DURBK」M-P3DURBK、安いレーザーマウスです。
レーザーなのに5,000円しない値段で売ってるモノってどんなもんか試してみたかったのと、
例の冷え性マウス(BenQ X730:過去記事)がいよいよ使えない時期になったので、予備として買ってきました。
■大きさ・形状
PRUMIE03.JPG本体と受信機です。
受信機が小さめですので、ノートPCなどではでっぱり具合が多少マシです。
マウス本体の大きさとしては標準的。
PRUMIE02.JPG受信機はマウスのおしりの部分に格納できます。
色合いとしてちょっとわかりづらかったかも・・・
ここに受信機を格納することで電源がオフになります。


■電源関係
PRUMIE01.JPGこういった電源のオン・オフ方法は他のマウスでもよくあるんですけど、
左の写真みたいにそれとは別にマウスの裏側にON/OFFスイッチがついていて、受信機を差し込まなくても電源を切れます
こういう機能が欲しかったんだよ〜。

ワイヤレスマウスの電池って意外と保ちが悪いので
できればこまめに電源を切っておきたいんですが、
かといって一々受信機をUSBからはずして格納するのってめんどくさくて
オン・オフ機能が格納以外でできるというのはすごい利点

こういうオン・オフ機能は他のマウス(例えばソニーのSMU-WM10iconとか)にもついてますが、
こちらはマウスの表にボタンがあるので間違えて押しちゃいそうな気がするんです。


■形状や使いやすさなど
PRUMIE04.JPGPRUMIE05.JPG
でも、横についてるボタン、機能を割り当てることができるんですけども、これがどうにもこうにも押しづらい場所にあります。
写真を見るとわかると思いますが、持ち方をかなり変えないと押せません・・・
親指がすごく長い人なら届く・・・かも(届かないか)。
それと、マウスの形状が今ひとつ手に馴染まないというか、
横のラインが直線なので(真上から見たときの横の辺が直線)微妙に持ちにくい(疲れる)

でも。

mouse1.JPG左が今使ってるMicroSoftのWireless Notebook Optical Mouse 4000
これって形はいいんですが、上で書いたとおり受信機を格納しないと電源が切れません。
それにスクロールホイールにコリコリがない
え〜と、何て言うんでしょうか、ホイール回すときに引っかかり(止め?)のないタイプなんです。
なので、ちょびっとだけスクロールさせたいとか、
マウスジェスチャなどですごく不便だったんです。
これの前に使っていた同じような形のMicrosoftのワイヤレスマウスはコリコリしてたのに・・・

こういうコリコリのあるタイプかそうでないかってのをパッケージに表示して欲しいんですけど、これを何というのかよくわかりません。
この1スクロール単位、MFCだとwheel_deltaだったかそんな名前がついてましたけど、
その1単位で止めがあるのかないのか、コリコリがあるのかないのか、それを気にしている人って実は多いんじゃないかと思うんです。

自分とは逆に、あのコリコリ音が嫌だという人もいるようですので、
せめてパッケージのホイール部分に穴を開けて触れるとか、何か方法はないのかなぁと思います。


■認識具合
かなり快適。
まず受信の感度ですが、タワーPCなどで本体が床に置いてあってなおかつ背面のUSBにつないでも感知してます。

解像度についてはCG関係のエキスパートじゃないのでそれほどこだわりはありませんが、光学式(今使ってるやつ)より断然イイ。
カクカクしたりフラフラすることもなく、とても安定した感じ。


■まとめ
というわけで、
1.電池関係 :★★★
2.持ちやすさ:★
3.コリコリ :★★★
4.値段   :★★
5.認識・感知:★★★

でも同じくらいの値段のレーザーマウス、Wireless Notebook Laser Mouse 6000iconの方が持ちやすかったかもなぁと思ったりもしてます。

電源のオン・オフができるからいいか・・・

『TREview』お役立ちレビューブログコンテストに参加中です。
クチコミblogランキング TREview にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。