カテゴリ
最近の記事
管理人
kappa-s.jpg
名前:nyatto
twitter:http://twitter.com/nyattoh
Facebook:http://www.facebook.com/nyattoh
FBレター:http://fb-letter.com/100002151358967.html
一言:

持ち前の中途半端さが全面に出ています。
あんまり突っ込まれるとぐぅの根も出ませんが、
何かあったらお気軽に書き込んでください。

コメントはスパム対策で一部ですが承認制にしてある記事があります。ご了承下さい。
ツイッター始めました。
Facebookの情報をメールでお届けします

内藤
過去ログ
リンク集
□個人的リンク
VabooLog2011
異邦人の食卓
アラフォー男子のウチのゴハン
アートルーム ヘアビジョン
Look at me.
本と文化の街 スーパー源氏
(古本・書籍検索ポータル)


■相互リンク
・「eguegu-Photo
・「詠う鯨
・「電脳生活で健康維持
・「やくにたたない?PCブログ
・「ジャパネットたかたの通販ガイド

■メーカ
NEC
SHARP
ソニースタイル
TOSHIBA
富士通
Panasonic
日立
エプソンダイレクト
Lenovo
日本hp
Dell
ソーテック
オンキヨー
ASUS Shop

■BTO・パーツ屋
グットウィル
韋駄天PC Online Shopping
エーチャージ
クレバリー
サイコム
TWOTOP
ドスパラ
ハーキュリーズ
パソコン工房
T・ZONE
VSPEC
フェイス
BLESS
フロンティア
マウスコンピューター

■中古
ソフマップ中古販売
ソフマップ・ドットコム 買取りサイト

■ショッピングモール
Amazon
楽天
【Yahoo!ショッピング】おすすめ情報
ライブドアデパート

タグクラウド

2007年09月30日

デジカメ「コダックV705」のレビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
//
何と言っても23mmの広角レンズと39mm-114mmのレンズを両方搭載したというところが魅力のカメラです。

こちらに第2のレビュー(パノラマ編)を書きました。

v705-2.JPGブラックを持っていましたが、いたく気に入ったらしかったので親にあげました。
再度購入しましたが、ブラックは生産終了していて手に入らなかったのでシルバーを使っています。
右の写真でレンズが二つついているのがわかると思います。


■使用目的
さて、初めに書いておかないといけないと思うのは、「デジカメの使用目的」です。
例えば、光学一眼レフと同じくらいのマクロ機能が欲しいとか、天体写真を撮りたいとか、バードウォッチングに持っていきたいとか、普通のフィルムに匹敵する画質を求めるとか、そういう人は迷わず光学カメラを買いましょう。
デジタルは所詮デジタルでしかありません。
持論ですが、デジタルはアナログに勝てません。多分。

自分がデジカメを使う最大の理由は「フィルムが要らない」「現像が要らない」「手軽に持ち歩ける」、そして、所謂使い捨てカメラで撮れるようなスナップ写真か、それよりもうちょっと面白い写真が撮れたらいいなと思ってる程度です。

ですから、大きさや軽さはかなり優先順位が高く、一方で画素数はそれほど気にしていません。
そういうことを踏まえて読んでいただければ幸いです。

■大きさについて
薄い!(20.4mm)軽い!(125g)小さい!です。
もうこれだけでかなり魅力的です。薄さがいいです。

■広角レンズについて
以前から思っていたんですが、デジカメのコマーシャルってどうもズームのことばかりが強調される気がするんですが、自分は普通のカメラでも広角レンズの方が好きです。

28mmレンズ(ニッパチ)以下をだいたいは広角レンズと言うようですが、28mmでも(もっと広く撮りたい)と思うことは頻繁にあります。

個人的には、風景を撮るときや狭い部屋で人物スナップを撮る時などはズームなんて使いません。
何でそんなにズームが必要なのか、よくわかりません。

v705-3.JPG右の写真はクリックで拡大します。
デジカメの液晶に映っているものを見てもらえるとわかりますが、ノートパソコンのタッチパッド付近に置いてディスプレイが丸々入っています。

v705-4.JPGそれよりも強調したいのは、キーボードまで入っている点です。
右の写真が39mmのレンズに切り替えたところ。
液晶部分を大きめに撮ってみました。全然違うことがよくわかると思います。
人間の視角に近いというか、自分が見ている風景に近いです。
これを一度体験したらやめられません。

メインパソコンの調子がまだ悪いので、今ある写真だけしか載せられませんが、あとは公式サイトとかで確認してみてください。
他にもレビュー記事などあると思います。

■広角レンズで撮った写真
v705-5-s.JPGクリックで拡大しますが、かなりでかいので注意。無加工です。

普通、写真を撮っている人がいたらよけてあげたりしますが、相当離れないと被写体として入ってしまいます。

この画像でわかるかもしれませんが、23mmレンズで撮ると多少魚眼レンズに近い雰囲気が出ます。特に端の方。

なお、晴れた日の撮影ですので、下の写真と比較にはなると思います。


v705-6-s.JPG上と同じく、リンク先は無加工の画像です。でかいです。

一般的なデジカメだったら左上の船の屋根部分は入りません。
いまいちよくわかんない写真しかなくてすみません。

曇った日はこんな風に撮れます。
もろに逆光ですが、意外とまぁまぁ撮れてる気がする。



■マクロで撮った写真
ここのサイト内の写真はほぼこのカメラで撮ったものです。
料理カテゴリクラフトカテゴリの写真はこのカメラのマクロで撮っています。
よかったら見てください。手ぶれしてるものもありますが。
あとは、菜根譚のところで写真を「書類モード」で接写しました。

色合いはやはり屋内だと多少肉眼とは違って見えます。
発色としてはどうなんでしょう、他のデジカメを使ったことがないのでなんとも言えませんが・・・

■夜景モード
夜景と呼べる場所がこのあたりには全くないのでどうしようもないのですが、すごくきれいに映るみたいです。
一度は試してみたいので、帰省したときにでも撮ってきます。

■その他のこと
まず、USB接続には専用の端子が付いたケーブルが必要です。
自分はSDカードを抜いてカードリーダで読ませているのであまり不便は感じません。

説明書はすごく薄くて小さくて、読んでもほとんどわかりません。
というか、あまり説明書を読まない人間なのですが、これはあまりにも簡単すぎるかもとは思いました。
公式サイトに説明書があるんですが、これもとても丁寧とは言えないので、説明書命の人には致命的な欠点かもしれません。

ソフトウェアも使ってないので微妙ですが、一度インストールしたところ、なんだか手間がかかって使い勝手が悪かった気がします。
付属ソフトウェアに期待している人にもあまりお勧めできないかも。

あとは、手ぶれ補正がついていません。明るいところならいいですが、マクロなどでは注意が必要です。

■まとめ
最近panasonicをはじめとして、広角レンズ付きのデジカメが出てきていますが、28mm以下(というのか、以上というのか)のものというのはほとんどありません。

そう言えば、auの新機種W53CA(公式サイトに飛びます)に28mmレンズがついています。すごい時代になったもんです。

でも、やっぱり28mmって中途半端だと思うんです。
光学カメラと同じように、28mmだと「あともう一踏ん張り」「もうちょっと・・・」という物足りなさが、自分には感じられます

広々とした風景や、居酒屋などの狭いスペースでのスナップ、お祭りなどのにぎわい等々、一度使ったらやめられない魅力があります。

広角レンズ以外のことについて書きませんでしたが、夜景モードに始まり、被写体が動いている時用のスポーツモードや書類モードなど多彩なモード設定があります。
広角じゃないほうのレンズも普通の写真を撮るには十分だと思いますが、あんまりこだわりがないのでわかりません。

ズームも100mm超えて利くので、よっぽど遠くからバードウォッチングするとか特殊なケースを除いて(そういうことをするなら一眼レフの光学カメラを買った方が良いと思う)、遠くの物を撮りたいときも十分です。

SDカードを刺さなくても、ある程度は内蔵メモリに保存してくれます。

去年末に発売されたのに、もう大分前から販売終了なので、手に入る場所がほとんどなくなりつつあります。
ヤフオクで落札を狙うか、Amazonの中古を狙うくらいしかない。

ヤフオクでは本日の時点で3点出品されていました。
下のリンクから当該カテゴリに飛べます。


あんまり実のないレビューですかねぇ。
パノラマ編1その2を追加しました)
ちなみに、デジカメの写真は現在使用中のMEDIA SKIN(過去のレビュー記事)で撮りました。
auはINFOBAR2を出すみたいですね。
同じデザインコンセプトモデルですが、自分はMEDIA SKINや以前のINFOBARの方が好きだなぁ・・・

と、最後まで脱線して終わります。

ブログランキング・にほんブログ村へ クチコミblogランキング TREview
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58034427

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。