カテゴリ
最近の記事
管理人
kappa-s.jpg
名前:nyatto
twitter:http://twitter.com/nyattoh
Facebook:http://www.facebook.com/nyattoh
FBレター:http://fb-letter.com/100002151358967.html
一言:

持ち前の中途半端さが全面に出ています。
あんまり突っ込まれるとぐぅの根も出ませんが、
何かあったらお気軽に書き込んでください。

コメントはスパム対策で一部ですが承認制にしてある記事があります。ご了承下さい。
ツイッター始めました。
Facebookの情報をメールでお届けします

内藤
過去ログ
リンク集
□個人的リンク
VabooLog2011
異邦人の食卓
アラフォー男子のウチのゴハン
アートルーム ヘアビジョン
Look at me.
本と文化の街 スーパー源氏
(古本・書籍検索ポータル)


■相互リンク
・「eguegu-Photo
・「詠う鯨
・「電脳生活で健康維持
・「やくにたたない?PCブログ
・「ジャパネットたかたの通販ガイド

■メーカ
NEC
SHARP
ソニースタイル
TOSHIBA
富士通
Panasonic
日立
エプソンダイレクト
Lenovo
日本hp
Dell
ソーテック
オンキヨー
ASUS Shop

■BTO・パーツ屋
グットウィル
韋駄天PC Online Shopping
エーチャージ
クレバリー
サイコム
TWOTOP
ドスパラ
ハーキュリーズ
パソコン工房
T・ZONE
VSPEC
フェイス
BLESS
フロンティア
マウスコンピューター

■中古
ソフマップ中古販売
ソフマップ・ドットコム 買取りサイト

■ショッピングモール
Amazon
楽天
【Yahoo!ショッピング】おすすめ情報
ライブドアデパート

タグクラウド
TOP  >  プログラミング  > 

2007年09月07日

3次元Graphics/CAD関連プログラミング書籍

このエントリーをはてなブックマークに追加
//
マイナーな分野なのか、なかなか「お勧め」に出会えず、
随分失敗を重ねてしまいました。
全然わからないというか、わかる人にはわかるのかもしれないけど、
あり得ないくらい難しい数式ばっかり書いてある本も、実際にあるわけです

これらの本ですが全くのド素人がゼロから始めるときに、という前提です。
プログラムに必要な数学の本はまた別の機会にします。

Cマガジンのバックナンバーもわかりやすいので、又今度ここを更新します。
こちらに書きましたので参考にしてください。

荒屋 真二
明解 3次元コンピュータグラフィックス

どのような仕組みでディスプレイに図形を表示するか、という話から始まって
どんな方法で実物っぽく見せるかなんて話まで。
投影方法の種類とか、レンダリングの方法とか、マッピングの種類とかそういう感じです。
要はグラフィックス関連の用語辞典みたいに使えます。
一通り読めば基礎的な用語は覚えられるのでは。


鳥谷 浩志, 千代倉 弘明
3次元CADの基礎と応用

データ構造の種類を紹介してそれぞれサンプルソース(古い)つきで詳しく解説してあります。
実際にプログラミングするときにとても参考になります。
特にクラス設計の際には置いておきたい本です。


David F. Rogers (著), セイコー電子工業電子機器事業部 (翻訳)
実践コンピュータグラフィックス―基礎手続きと応用

これはちょっと高級。というか、難しい。そして入手しにくい。
今は上のリンクのところか、古本屋くらいでしか手に入りそうにないけど、是非持っていたい一冊だと思う。高いけど・・・
古典的な論文から、グラフィックに関するテクニックを詳細に説明・解説している。計算式出てきます。
でも、グラフィックスの技術って70年代にだいたいの部分は確立されちゃってるし、
そういう意味ではこういう教科書的なものを持っていて損はないと思います。
困ったときに辞書代わりになりますし、どうしてそうなるのか、という論理もわかります。
隠線処理や隠面消去みたいな話も詳細に載っています。
参考論文なども巻末に添えてあります。


OpenGL策定委員会 (著), 松田 晃一 (翻訳)
OpenGLプログラミングガイド 原著第5版

OpenGLでプログラミングするなら持っておきたい。
・・・が、高い。どうするか。実は、ヴァージョン1.1でしかも英語でよければ全文ネットで公開されている。

ここの下の方、HTML Formatと書いてあるところ
それかOpenGL Programing Guideとか、色々なところにある。
最初のサイトはOpenGLの公式サイト内なので、他にも役に立つと思う。


相川 恭寛
OpenGL プログラミング・ガイドブック

C++ソースコードがたくさん載ってる。個人的にはDXF読み込みサンプルソースがあって嬉しかった。
ただし古いので、CD-ROMがついているけどWindowsNT用・・・
上で紹介した本の簡易版みたいな感じかも。


落合 重紀
DXFハンドブック

これ、高いんだよな〜。しかも、下で紹介するけど、新しい版が出た上に安くなってる。
DXFのフォーマットが詳しく載ってる。ちょびっとだけサンプルソースも載ってる。
DXF読み込み時の軸決定の方法とかは参考になると思う。
DXFを読み書きしようと思ったら必須。


落合 重紀
DXFプログラミングガイド

上で紹介したものの新しいやつ。欲しい。


Jim Blinn (著), 三浦 憲二郎 (著), 有我 成城 (著), 西田 友是 (著), 土橋 宜典 (著)
Jim Blinn’s Corner 日本語版 (1) A Trip Down the Graphics Pipeline

なんかの雑誌のコラムを集めた本らしい。
最初の章は「あなたは何通りの方法で円を描けますか」
ちょっとマニアックっぽい。

こういう専門書の部類に入る書籍って高いなぁ・・・
というわけで、おいらは毎度のことですが古本で買ってます。


クチコミblogランキング TREview ブログランキング・にほんブログ村へ

posted at 19:22 | このブログの読者になる -| 更新情報をチェックする | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54335774

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。