カテゴリ
最近の記事
管理人
kappa-s.jpg
名前:nyatto
twitter:http://twitter.com/nyattoh
Facebook:http://www.facebook.com/nyattoh
FBレター:http://fb-letter.com/100002151358967.html
一言:

持ち前の中途半端さが全面に出ています。
あんまり突っ込まれるとぐぅの根も出ませんが、
何かあったらお気軽に書き込んでください。

コメントはスパム対策で一部ですが承認制にしてある記事があります。ご了承下さい。
ツイッター始めました。
Facebookの情報をメールでお届けします

内藤
過去ログ
リンク集
□個人的リンク
VabooLog2011
異邦人の食卓
アラフォー男子のウチのゴハン
アートルーム ヘアビジョン
Look at me.
本と文化の街 スーパー源氏
(古本・書籍検索ポータル)


■相互リンク
・「eguegu-Photo
・「詠う鯨
・「電脳生活で健康維持
・「やくにたたない?PCブログ
・「ジャパネットたかたの通販ガイド

■メーカ
NEC
SHARP
ソニースタイル
TOSHIBA
富士通
Panasonic
日立
エプソンダイレクト
Lenovo
日本hp
Dell
ソーテック
オンキヨー
ASUS Shop

■BTO・パーツ屋
グットウィル
韋駄天PC Online Shopping
エーチャージ
クレバリー
サイコム
TWOTOP
ドスパラ
ハーキュリーズ
パソコン工房
T・ZONE
VSPEC
フェイス
BLESS
フロンティア
マウスコンピューター

■中古
ソフマップ中古販売
ソフマップ・ドットコム 買取りサイト

■ショッピングモール
Amazon
楽天
【Yahoo!ショッピング】おすすめ情報
ライブドアデパート

タグクラウド
TOP  >  読書とか文芸関係  > 

2007年09月02日

原典購読:今更ハリーポッターにはまる

このエントリーをはてなブックマークに追加
//
ちょうど1ヶ月くらい前にハリーポッターの最終巻が発売されて
初日で830万部を売り上げたとのこと。

・・・びびる。

数年前まで「ハリーポッター?なにそれ」と思っていたのだけれど、
テレビで映画を放送していたのを観てしまったら、年甲斐もなくはまった。

あ、以下の内容は単なる感想で、ネタバレはないので悪しからず。

小学校・中学校を通じて、
例えば「魔女の宅急便」やら「はてしない物語(never ending story)」やらで
映画よりも原作の方が絶対に面白い
という教訓を得ている。

当時は読めなかった(今もドイツ語は読めないけど)、
英語の原典を読んでやるぜーと思い立ったので
さっそくAmazonヤフオクで古本を購入。去年あたりはなんかえらく安かった。

普段、英語を読む機会と言えば、仕事で仕方なく読むMicroSoftの技術情報とか、
大抵がコンピュータ関連だったりして、「英文学」なんて読んだこともなかった。

・・・でも、童話だよな?

という著しく甘い考えで読み出したら、スタートダッシュで出遅れる・・・

なんというか、多分、
外国人はもしかしたら「まんじゅう」という日本語くらいは知っているかも知れないけど「雷おこし」は知らない。
そういう現象なのだ。


fridgeってなに?toffeeってなに?vomitってなんなのさ?nudge?知らん!わからん!

一応15年物の辞書を片手に苦難の道のりを歩き始めたものの、
いちいち辞書なんて調べないのだ。面倒なのだ。どうせおいらはメンドクサイサイだよ。

調べる気が起きたときは調べたけど、まぁだいたいのところはわかる。
多分、高校生くらいなら読めるんじゃないかと思う。関係代名詞がオーケーなら大丈夫。
受験勉強してよかったよ。役に立つよ、英語。

とにかく技術文書とは違うけど、基本的に主語と動詞がわかったら
調べなくてもだいたいオーケーなんだよ。誰が何したのかわかればさ。そうだそうだ。
「文学」だけに、修飾語(副詞・形容詞)が重要なのかもしれないけど
もう全く、全然、これでもかというほど馴染みのない単語ばっかり出てくるので無視。
前後の文脈でわかるもんはわかるし、わからなければそのうち調べりゃいいよ。うん。趣味で読んでるんだからいいのだ。

感想としては、
面白すぎる。

3冊目あたりからシリーズ物としてのおもしろさが出てきて、
読み出したが最後、先が気になって一気に徹夜とかになる。
というか、これ、童話ですか?

個人的には3冊目と5冊目が面白かった。
笑わせてくれる小ネタがあったり、なかなか魅力のあるキャラクターが出てきたり、ストーリーとしてもあんまり中だるみがない。

とうとう古本で6冊目を読み終わってしまったので、
7冊目が欲しい今日この頃。懐具合が寒いので、今しばし我慢中。

ついでに映画は、3作目から校長役が変わってしまった。これが痛い。痛すぎる。
役者さん(リチャード=ハリス:リンク先は写真)が死んでしまっては仕方ないけど、
それにしても後継者のマイケル=ガンボンがちょっと・・・。
他にいなかったのか?
いや、映画は映画、原作は原作で別物でもいいんだけど、
1〜2作目の映画の校長と全然違う。180度違う。あんまりにも短気っぽいし、品格がない。穏やかさはみじんも感じられない。
(ついでに原作でのイメージともかけ離れてる)

個人的には、エド=ハリスにAlbus Dumbledore、演じてもらいたかったっす。
青い目だし。多少小柄かもしれないけど、穏やかで賢くて強そうな役くらいこなせるだろうと思う。リチャード=ハリスに近い雰囲気が出せただろう。
イギリス人の役者さんが主に出演してるから、エド=ハリス(アメリカ人)じゃNGなんだろうか。

そう言えば、原典の方もUK版とUS版は多少英語の使い方が違うみたいだし、
同じ英語を話しても、科白回しが多少違ってくるのだろうか。

どうも日本語版のハリポタには「訳がよくない」という意見もあるみたいだし、
語呂合わせの冗談なんかも日本語じゃ多分うまく訳せるわけがないし、
せっかく読むなら原典がいいと思う。
英語の勉強にもなる・・・だろう。きっと。少なくとも、英語の言い回しには嫌でも慣れる。

次は映画を字幕無しで観たいもんです。

クチコミblogランキング TREview ブログランキング・にほんブログ村へ
posted at 20:34 | このブログの読者になる -| 更新情報をチェックする | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書とか文芸関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。