カテゴリ
最近の記事
管理人
kappa-s.jpg
名前:nyatto
twitter:http://twitter.com/nyattoh
Facebook:http://www.facebook.com/nyattoh
FBレター:http://fb-letter.com/100002151358967.html
一言:

持ち前の中途半端さが全面に出ています。
あんまり突っ込まれるとぐぅの根も出ませんが、
何かあったらお気軽に書き込んでください。

コメントはスパム対策で一部ですが承認制にしてある記事があります。ご了承下さい。
ツイッター始めました。
Facebookの情報をメールでお届けします

内藤
過去ログ
リンク集
□個人的リンク
VabooLog2011
異邦人の食卓
アラフォー男子のウチのゴハン
アートルーム ヘアビジョン
Look at me.
本と文化の街 スーパー源氏
(古本・書籍検索ポータル)


■相互リンク
・「eguegu-Photo
・「詠う鯨
・「電脳生活で健康維持
・「やくにたたない?PCブログ
・「ジャパネットたかたの通販ガイド

■メーカ
NEC
SHARP
ソニースタイル
TOSHIBA
富士通
Panasonic
日立
エプソンダイレクト
Lenovo
日本hp
Dell
ソーテック
オンキヨー
ASUS Shop

■BTO・パーツ屋
グットウィル
韋駄天PC Online Shopping
エーチャージ
クレバリー
サイコム
TWOTOP
ドスパラ
ハーキュリーズ
パソコン工房
T・ZONE
VSPEC
フェイス
BLESS
フロンティア
マウスコンピューター

■中古
ソフマップ中古販売
ソフマップ・ドットコム 買取りサイト

■ショッピングモール
Amazon
楽天
【Yahoo!ショッピング】おすすめ情報
ライブドアデパート

タグクラウド
TOP  >  読書とか文芸関係  > 

2011年08月22日

恩田陸「ドミノ」の感想

このエントリーをはてなブックマークに追加
//
恩田陸「ドミノ」をさっさと読了。
デビュー作(「六番目の小夜子」)よりはずっとよくなっていると思った。

先だって読んだ「デパートへ行こう!」と同じように、一見ばらばらの登場人物が一つの事件に集約されていくのだが、登場人物が28人とかなり多い。
それぞれにキャラクタ作りされているものの、やはり人物が多いだけに若干どのキャラクタも影が薄い感じは否めないように思う。
ただ、人が多い割にはよくまとまっていたので・・・「可」。

この物語で頷けるのは、「どんなにでっかい事件が身近に起きていても、それでも日常は続いている」というところ。
その日の業務を全うすべく、事件は人ごと・・・という状況って・・・あるな。ある。申し訳ないけど、ある。
例えば、最寄り駅で飛び込み自殺があっても出勤時間に間に合わなければ迷惑だと感じる。
何が何でも間に合わせようと振替輸送を使うのだ。
まぁ、そういうことが大げさに、皮肉なユーモアを交えて描かれている感じ。

さて、文章については、章ごとに描かれる人物が変わるかと思いきや、同じ章の中でも主として描かれる人物がころころ変わるのが難点。
読みにくい感じがする。

その意味では99人の最終電車はすごかった。
まだブロードバンドなどという言葉がない時期に掲載され始め、更新されるのを楽しみに待っていたものだった。
時代の変わり目に掲載され始めたのがたたって、最後は時代の帳尻を合わせなくてはいけなくなってしまったのが残念だったかも・・・

ここのところ人の選んだ本を読んでいるので、逆に作者フィルタをかけずに読めていいかもしれない。
どうしても自分で選ぶと同じような作風に走ってしまうので、人から押しつけられた本を読むというのもたまにはいいと思っているところなのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
タグ: 読む
posted at 18:45 | このブログの読者になる -| 更新情報をチェックする | Comment(2) | TrackBack(0) | 読書とか文芸関係
この記事へのコメント
登場人物が5人以上になると既に混乱状態になる私には無理かも(笑)
登場人物の名前が全てごっちゃになってしまうロシアの小説と同じぐらい難しそう。
一度も読破できなかったカラマーゾフの兄弟を思い出しました。
99人の最終電車、面白そうですね。
これは混乱せずに読めそうな気もします。
落ち着いたらゆっくり読めるよう、お気に入りにいれておきました。
Posted by タヌ子 at 2011年08月23日 10:46
>タヌ子さん
名前を覚えるだけで必死です(o_ _)o
年齢を感じます・・・(o_ _)o
タヌ子さんはロシア文学も読むのですね!
自分は外国、とくにロシア文学は挫折の嵐で
一つとして読破したことがありません(o_ _)o
外国文学ももっと読んだらタヌ子さんみたいに文才が身につくのでしょうか・・・
99人の最終電車は面白いのですが最後がえ〜って感じです(;´∀`)
Posted by 管理人 at 2011年08月23日 18:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。