カテゴリ
最近の記事
管理人
kappa-s.jpg
名前:nyatto
twitter:http://twitter.com/nyattoh
Facebook:http://www.facebook.com/nyattoh
FBレター:http://fb-letter.com/100002151358967.html
一言:

持ち前の中途半端さが全面に出ています。
あんまり突っ込まれるとぐぅの根も出ませんが、
何かあったらお気軽に書き込んでください。

コメントはスパム対策で一部ですが承認制にしてある記事があります。ご了承下さい。
ツイッター始めました。
Facebookの情報をメールでお届けします

内藤
過去ログ
リンク集
□個人的リンク
VabooLog2011
異邦人の食卓
アラフォー男子のウチのゴハン
アートルーム ヘアビジョン
Look at me.
本と文化の街 スーパー源氏
(古本・書籍検索ポータル)


■相互リンク
・「eguegu-Photo
・「詠う鯨
・「電脳生活で健康維持
・「やくにたたない?PCブログ
・「ジャパネットたかたの通販ガイド

■メーカ
NEC
SHARP
ソニースタイル
TOSHIBA
富士通
Panasonic
日立
エプソンダイレクト
Lenovo
日本hp
Dell
ソーテック
オンキヨー
ASUS Shop

■BTO・パーツ屋
グットウィル
韋駄天PC Online Shopping
エーチャージ
クレバリー
サイコム
TWOTOP
ドスパラ
ハーキュリーズ
パソコン工房
T・ZONE
VSPEC
フェイス
BLESS
フロンティア
マウスコンピューター

■中古
ソフマップ中古販売
ソフマップ・ドットコム 買取りサイト

■ショッピングモール
Amazon
楽天
【Yahoo!ショッピング】おすすめ情報
ライブドアデパート

タグクラウド
TOP  >  読書とか文芸関係  > 

2011年08月18日

水野敬也「夢をかなえるゾウ」の感想

このエントリーをはてなブックマークに追加
//
水野敬也「夢をかなえるゾウ 」、所謂「自己啓発本」なのかと思って敬遠していたら、お話として普通に面白かった。
確かに若干の説教臭さはあるのかもしれないが、ガネーシャというキャラクターのお陰で笑い話として受け取れるので気にならない。

それにしても、ガネーシャ(インドの神様)に関西弁を喋らせようと思った作者はすごい。
テンポもよくてどんどん読ませてくれる。
歴史上の有名人からビル・ゲイツに至るまで、色々な人物のエピソードが雑学的に交えられていて伝記というジャンルを読んだことがない自分としてはお得感もあった。

主人公も多分多くの人が共感できる経験の持ち主だと思われ、おおこんなゾウが自分のところにも出てきてくれたらいいなぁと思わせてくれる。

若干途中でマンネリになっているけれども、釈迦のキャラクターにも笑わされたし、読んでよかった。
「ためになるか」と言われると、そういう風に読まないので何とも言えない。
※自己啓発本ってのが嫌いなので、そのようには読みません、あしからず。

とにかくも、すかっと笑いたい人にはお勧め。

文学部唯野教授をものすごく軽くした感じか。
筒井康隆が好きな人は好きかも・・・(いや、これは微妙か)

どうやら流行ったらしくてガネーシャ根付ストラップまで売り出されている。
確かにガネーシャは愛すべきゾウだよね。

いやいや、ガネーシャ好きだわ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
タグ: 読む
posted at 18:28 | このブログの読者になる -| 更新情報をチェックする | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書とか文芸関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。