カテゴリ
最近の記事
管理人
kappa-s.jpg
名前:nyatto
twitter:http://twitter.com/nyattoh
Facebook:http://www.facebook.com/nyattoh
FBレター:http://fb-letter.com/100002151358967.html
一言:

持ち前の中途半端さが全面に出ています。
あんまり突っ込まれるとぐぅの根も出ませんが、
何かあったらお気軽に書き込んでください。

コメントはスパム対策で一部ですが承認制にしてある記事があります。ご了承下さい。
ツイッター始めました。
Facebookの情報をメールでお届けします

内藤
過去ログ
リンク集
□個人的リンク
VabooLog2011
異邦人の食卓
アラフォー男子のウチのゴハン
アートルーム ヘアビジョン
Look at me.
本と文化の街 スーパー源氏
(古本・書籍検索ポータル)


■相互リンク
・「eguegu-Photo
・「詠う鯨
・「電脳生活で健康維持
・「やくにたたない?PCブログ
・「ジャパネットたかたの通販ガイド

■メーカ
NEC
SHARP
ソニースタイル
TOSHIBA
富士通
Panasonic
日立
エプソンダイレクト
Lenovo
日本hp
Dell
ソーテック
オンキヨー
ASUS Shop

■BTO・パーツ屋
グットウィル
韋駄天PC Online Shopping
エーチャージ
クレバリー
サイコム
TWOTOP
ドスパラ
ハーキュリーズ
パソコン工房
T・ZONE
VSPEC
フェイス
BLESS
フロンティア
マウスコンピューター

■中古
ソフマップ中古販売
ソフマップ・ドットコム 買取りサイト

■ショッピングモール
Amazon
楽天
【Yahoo!ショッピング】おすすめ情報
ライブドアデパート

タグクラウド

2008年10月08日

IDE/S-ATA→USBケーブルがデータ移行に大活躍の巻

このエントリーをはてなブックマークに追加
//
HDD->USBケーブルうちわで扇がないと動かないPCも持って帰ってきましたが、何しろ狭い家で置く場所もなく、データ移行どうしようか悩んでいたんですが、HDDだけ取り出して持って帰ってきたので左の写真のSATA&IDE→USB2.0変換アダプタを買ってきました。
3,000円弱。
あ〜やっぱしこうしてすぐに買いに行ける環境って(・∀・)イイ!!
取り出してあるHDD持って帰ってきたHDDの内訳は
1.IDE接続(system)×1
2.S-ATA接続(data)×4
右の写真みたいに外して持って帰ってきていました。
ケーブルを外すときはM/Bに接続している方はそのままにして、番号を振り、ケーブルとHDDに番号書いた紙を貼り付けてあります。
HDDの内容もmp3データやらpictureデータやらと書いて貼っておきました。
ケーブル全体変換ケーブルの中身は写真の通り(HDDは除く)。
電源ケーブルはIDE→S-ATA変換コネクタ付き(当然ですけど)で両方に対応、そこからアダプタを介してコンセントへつなぎます。
USBケーブルはIDEの口が2つとS-ATAが1つ。
同時接続することも可能でしょうが、電源ケーブル側で1つの電源しか取れないので実質的には1度に1台だけつなぐことになります。

ケーブルを接続したHDDちょっと黒くて見づらいですが、ケーブルを接続したところです。
特に迷うことはありません。
USBで接続してしまえば、通常の外付けHDDやSDのようにリムーバブルディスクとして認識されるので楽ちんです。
これがもう大活躍してくれています。
Program Filesディレクトリ内のiniファイルとかを取り出すにはIDEじゃないといけないし、データの方はS-ATAだし、両方に対応してくれているのでホントに助かります。
IDE延長コードあと、IDEの延長ケーブル(短いですが)が入っていました。
これ、実は実家のマシンがまたおかしくなっていて(現象は別記事に回します)、突然のトラブル対処に使用できました。
ホントに買っといてよかったっすヽ(゚∀゚)ノ
・・・ってちょっと本題とは逸れましたが・・・

実は当初、HDDの外付けケースを買おうと思っていたんですが、本来内蔵するべきHDDであることと、ケースって意外と高いことと、IDEとS-ATA両方に対応してるのがポイントでした。

自分はけっこうむき出しで(M/Bも筺に入れないで電源はハサミとか金属製のもので入れて)使うことも多いので、こういう「むき出し系」はけっこう好きです。

こうして着々とm-bookへとデータ移行が完了し、とうとうソフマップの在宅買い取り先代dynabook Satellite TXW/67DW(レビュー記事)を売りました。

その買い取りについてはまた別記事で。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ TREview
この記事へのコメント
(S)ATA → USBの変換には,HDDケースみたいにソコソコの基盤があるものが必要と思っていましたが,かなりコンパクトなモノがあるんですね。
ウチの旧マシンから新マシンへのデータ移行はLANでやったのですが,エラく時間がかかりました。
原因は,旧マシンのNICが10BASE-T orz

HDDケースは,こんなの作ったことが。
http://blog.goo.ne.jp/zi2/e/5524c1a5b23d6479969281994c6925f9
全く使っておりません
Posted by じにー at 2008年10月08日 22:55
>じにーさん
基盤のあるやつって当たりはずれ多くありませんか?
実家のIDE->S-ATA変換基盤、こいつのお陰でBIOSが何度もおかしくなってました。
LANだとやっぱりある程度時間がかかりますよね。
>タッパーHDDケース
最高!ъ(゚Д゚)グッジョブ!!
こういうの大好きだなぁ・・・
できれば使いたいです、職場で。
Posted by 管理人 at 2008年10月09日 13:53
HDDケースはIDE→USBしか使った事がないのですが,ハズしたことはありません。
つーか,NOVACの「はい〜る」ばっかりです。
タッパーは今のところ使い道が無いんですよね〜 容量少なくて。
これを使うために,わざわざ百GB単位の2.5HDD買うってのも・・・

でも,とても誉めて頂いたので,使おうかな・・・
Posted by じにー at 2008年10月09日 22:26
>じにーさん
やっぱ3.5なら内臓を外付けで使えるってところが便利ですよね。
是非是非使ってください、タッパーケース。
かっこいいじゃないっすかー!
2.5は中途半端なのでわざわざ買うにはあんまり・・・ですよね。

2.5HDD買ったことあるんですけど、
当時は「ちいせーーーー!」って感動したんですが、
その後数年で
http://nyatto.seesaa.net/article/57019773.html
にある1.8HDD買ったら、もう2.5とかに戻れませんよ〜(甘い罠)
Posted by 管理人 at 2008年10月10日 08:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107783772

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。