カテゴリ
最近の記事
管理人
kappa-s.jpg
名前:nyatto
twitter:http://twitter.com/nyattoh
Facebook:http://www.facebook.com/nyattoh
FBレター:http://fb-letter.com/100002151358967.html
一言:

持ち前の中途半端さが全面に出ています。
あんまり突っ込まれるとぐぅの根も出ませんが、
何かあったらお気軽に書き込んでください。

コメントはスパム対策で一部ですが承認制にしてある記事があります。ご了承下さい。
ツイッター始めました。
Facebookの情報をメールでお届けします

内藤
過去ログ
リンク集
□個人的リンク
VabooLog2011
異邦人の食卓
アラフォー男子のウチのゴハン
アートルーム ヘアビジョン
Look at me.
本と文化の街 スーパー源氏
(古本・書籍検索ポータル)


■相互リンク
・「eguegu-Photo
・「詠う鯨
・「電脳生活で健康維持
・「やくにたたない?PCブログ
・「ジャパネットたかたの通販ガイド

■メーカ
NEC
SHARP
ソニースタイル
TOSHIBA
富士通
Panasonic
日立
エプソンダイレクト
Lenovo
日本hp
Dell
ソーテック
オンキヨー
ASUS Shop

■BTO・パーツ屋
グットウィル
韋駄天PC Online Shopping
エーチャージ
クレバリー
サイコム
TWOTOP
ドスパラ
ハーキュリーズ
パソコン工房
T・ZONE
VSPEC
フェイス
BLESS
フロンティア
マウスコンピューター

■中古
ソフマップ中古販売
ソフマップ・ドットコム 買取りサイト

■ショッピングモール
Amazon
楽天
【Yahoo!ショッピング】おすすめ情報
ライブドアデパート

タグクラウド
TOP  >  パソコン関連一般  > 

2008年09月28日

ノートPCのFnとCtrlを入れ替える代替案:成功の巻

このエントリーをはてなブックマークに追加
//
m-bookのfnキーとctrlキー単刀直入に言います。
Fn入れ替えそのものはできませんが、別にソフトも必要なく、BIOSいじりも配線いじりもなしに、アナログ作業で限りなく近い状態にできます。
先日買ったm-book、FnキーとCtrlキーの位置が逆でものすごく困っていたんですが、調べてみたらOK WAVEでは「キーとして認識されていない=スイッチの一種という位置づけ」、miauさんのページではなんだか難しそうなことをしてるし、諦めかけたのですが。

でも、そもそも自分はどっちかというとアナログ人間なので、以下の点でピン!ときました。
1.FnキーとCtrlキーを同時に押しても、ショートカットとしてはCtrlだけ押したのと同じ状態になる
2.同時に押しながらFn用のキーを押すとFn機能は有効になる
3.FnとCtrlと別々に押して別々の機能割り当てのあるキーはない

おそらくもうおわかりかと思います。
こちらに追加で改造した記事を書きました。

■材料
・アクリル板もしくは固いプラスチックの板
(今回はカッターの刃を入れておくケースを使用)
・ガムテープもしくはセロハンテープ
・爪楊枝

■作り方

fn-ctrl01.JPG<最初の失敗例>
単純に透明ガムテープで二つのキーをつなげて貼り付けてみました。
これだとそれぞれが独立して押されてしまうのでダメでした。


固いプラスチックの板を用意これがカッターの刃が入っていたケースです。
側面がちょうど良い幅で、強度もあったのでこれにしました。
あまり分厚いとノートの場合蓋が閉まらない可能性が出てくるので注意してください。適当な大きさに加工これをこのように、側面部分だけ切り取ります。
当然ですが、二つのキーの幅より少し小さめにしておかないと、テープで固定するときに貼り付けるスペースがなくなりますので注意してください。

爪楊枝爪楊枝を先に取り付けます。
FnとCtrlの隙間を埋めるようにセロテープで固定。
しっかりくっつけます。

上からプラをその上から最初に加工したプラスチックの板を置いて固定します。
しっかりくっつけてください。キーボードカバーその上から、いつもノートに使ってて、昨日買ってきたキーボードカバー(エレコムのPKU-FREE2です。商品説明に飛びます)をかぶせてできあがり!
このカバー、比較的ペタペタした感じでくっつくので補強にもってこいです。
しかも、カルピスフォーマットの記事に書いたようなことがあっても大丈夫という優れものです(;゚Д゚)

蓋は閉まるプラスチックの厚みがあるので蓋が閉まるか心配でしたが、特に問題ありません。
1〜2mm程度だったら許容範囲っぽいです(液晶画面が枠よりへこんでいるため)が、機種によると思いますので、確認して下さい。

※これを参考にして作業して某かの損害を被ったとしても当ブログ管理人は一切責めを負いません。
自己責任でやってください。


■使用感
やはりかなり左の方を押すとFnキーだけしか押せませんが、楊枝に指が少し触れるくらいのところだとOKなので(FnとCtrlの中央やや左ならなんとかなる)、まぁ許容範囲です。

逆に、Fnキーだけを使いたいことのある方には便利かもしれません。

■その他のソフトウェアについて
こないだの記事でも書きましたが、どうもBSが小さくてNumLockを押してしまいがちで不便きわまりないので、それはChange KeyというソフトでBSを割り当ててしまいました。
常駐せず、レジストリ書き込み型です。
それと、Delの隣にあるPageUp(Fn同時押しでHome)とPageDown(Fn同時押しでEnd)はFn押さずにHomeとEndにしちゃいました。
快適になってきました。

■データ移行について
データ移行に使った秘密兵器がありまして、これはかなりヒットしたのでまた次回記事にしようと思います。

明日社長面接なのにこんなことしてていいんだろうか・・・(;゚Д゚)

追記
こちらに追加で改造した記事を書きました。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ TREview
素晴らしい すごい とても良い 良い
posted at 18:06 | このブログの読者になる -| 更新情報をチェックする | Comment(2) | TrackBack(1) | パソコン関連一般
この記事へのコメント
私もこーいう物理的改造は大好きです。
昔,『ノートのタッチパッドはBIOSで有効/無効が設定できる』事が解らなかった時は,段ボールで蓋をしていました。
面接頑張ってください!
Posted by じにー at 2008年09月28日 22:32
>じにーさん
こんばんは、コメントありがとうございます!
そうですよね、物理改造って一番面白いかも。
段ボール(笑
でも、あるもので作るってところが面白いんですよね。
それに満足できるし(;^ω^)

面接の件ありがとうございます!
頑張ってきますーm(_ _)m
Posted by 管理人 at 2008年09月29日 00:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ELECOM PKU-FREE2 キーボード防塵カバー
Excerpt: ELECOM PKU-FREE2 キーボード防塵カバー
Weblog: きのこ取り名人わおわまーるストア
Tracked: 2009-05-04 01:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。